贈答の知識


贈り物を頂いた場合は、お返しをするのが、通常ですが、全ての場合にお返しをする訳ではありません。

贈り物の種類によって、お返しの内容等や時期が決まります。昔から慶事は半返し、弔辞は1/3から半返しと言われておりますが、感謝の気持ちを相手に伝えるのがお返しの心なので、これにこだわることはないでしょう。

お返しが不要の場合や宅配の場合でも、電話や礼状をさしあげるようにしたいものです。



贈答の体裁

慶事一般弔事

   

慶  事
ご進物の種別 名称贈答の時期としきたりのし紙の表書き水引
結婚結婚祝い挙式までになるべく早く(持参する場合は吉日を選んで午前中に)寿・ご結婚お祝い・お祝い紅白または金銀十本の結び切り
ご披露宴引出物披露宴当日寿(両家の姓を書く)
お返し(婚礼内祝)挙式後なるべく早く(約1ケ月以内)内祝
出産帯祝い妊娠5ケ月目(妊婦の実家から送ります)帯祝・御祝・戌・御帯(里方以外から贈るとき)紅白5本蝶結び
出産祝(お七夜=生後7日)後、宮参り当日(生後1ケ月)まで御安産御祝・御祝・御出産御祝
お返し(出産内祝)宮参り当日またはその前後内祝・命名(名書きは生まれた子の名前)
結婚記念日銀婚式結婚25年寿・御銀婚御祝・銀婚式御祝・御祝
金婚式結婚50年寿・御金婚御祝・金婚式御祝・御祝
お返しなるべく早く(1ケ月以内)銀婚式内祝・金婚記念など
ご成長の
およろこび
食べ始め祝生後100日〜120日(里方から贈ります)食べ初め御祝・寿
初節句祝半月前頃から当日まで 男児(5月5日)女児(3月3日)初節句御祝・御祝
七五三祝半月前頃から当日(11月15日)まで七五三御祝・御祝(7歳女子 5歳男子 3歳男女)
成人祝当日までに御成人御祝・御祝・成人式御祝
お返し当日またはなるべく早く内祝
長寿敬老の日9月15日当日または直前寿・御祝
還暦祝数え年61歳のお誕生日当日または直前御還暦御祝・寿・御祝
古希祝数え年70歳のお誕生日当日または直前御古希御祝・寿・御祝
喜寿祝数え年77歳のお誕生日当日または直前御喜寿御祝・寿・御祝
傘寿祝数え年80歳のお誕生日当日または直前御傘寿御祝・寿・御祝
米寿祝数え年88歳のお誕生日当日または直前御米寿御祝・寿・御祝
白寿祝数え年99歳のお誕生日当日または直前御白寿御祝・寿・御祝
紀寿祝数え年100歳のお誕生日当日または直前御紀寿御祝・寿・御祝
その他の
お喜び
入学祝決く定後なるべく早く御入学御祝・御祝
卒業祝決く定後なるべく早く御卒業御祝・御祝
就職祝決く定後なるべく早く御就職御祝・御祝
栄転(栄進)祝決く定後なるべく早く御栄転御祝・御栄進御祝
開店祝決く定後なるべく早く御開店御祝・御開業御祝
以上お返し当日後なるべく早く内祝
新築祝落成後すぐに御新築御祝
お返し入居または披露当日後すぐに内祝
病気全快病気全快祝床上げをしてから一週間から10日たってから、見舞い品をうけた先方に快気祝・全快内祝・本復内祝・内祝紅白5本の結び切り

   
一  般
ご進物の種別 名称贈答の時期としきたりのし紙の表書き水引
年中行事迎春正月3が日御年賀・御年始・新春御挨拶(同輩・目下の場合に限り「お年玉」)紅白5本蝶結び
中元7/1〜7/15(6月中旬以降でも良い)7/15〜8/15(7月中旬以降でも良い)御中元
暑中見舞立秋(8/6頃)迄に贈る場合暑中御見舞・暑中御伺い
残暑見舞立秋(8/6頃)を過ぎて贈る場合残暑御見舞・残暑御伺い
歳暮12/1〜12/31御歳暮
見舞病気見舞当日御見舞紅白5本蝶結び(所により結び切り)
部屋見舞御部屋見舞紅白5本蝶結び
陣中見舞陣中御見舞
災害見舞近火見舞 水害見舞など知ったら出来るだけ早く近火御見舞 水害御見舞短冊のみ、または紅白5本結び切り
挨拶手土産他家を訪問する場合等粗品・寸志紅白5本蝶結び
餞別定年・引越し当日御餞別紅白結び切り
旅行出発当日迄に紅白蝶結び
感謝謝礼 答礼なるべく早く御礼紅白蝶結び

   
弔  事
ご進物の種別 名称贈答の時期としきたりのし紙の表書き水引
仏事供え物葬儀または告別式当日に持参御霊前・お供(仏式、神式、キリスト教)御仏前(仏式)御榊料(神式)黒白、黄白または銀結び切り
斎場供養(当日)当日一般会葬者に贈る志・粗供養
法要満中陰忌明(49日)当日の数日前から当日まで満中陰・志・偲び草
仏事法要法要当日参列者または縁者に贈る粗供養 回忌志